もっと便利に身近な銀行

色んな視点から見る東京都民銀行

東京都民銀行でNISA

銀行を単なる預金先以外の目的で利用しようとすると、個人の場合は投資が主な利用目的となります。投資先は個人の自由ですが、株式投資や投資信託、外貨投資などが一般的です。しかし2014年1月からNISAと呼ばれる少額投資非課税制度が始まって、所定の税金が非課税になりました。なぜなのかというと、2013年12月末日をもって証券優遇税制が期限を迎えたため、新たな制度がスタートしたためです。

NISAでは株式投資信託などの譲渡所得税、配当所得税が5年の間非課税になるという、従来にはなかった大きなメリットがあります。そのため今までよりも投資におけるコストが少なくなり、その分投資家の利益が多くなります。しかしその代わりNISAの対象となる投資可能な金額は年100万円までと決められており、そのため5年間フルに利用しても500万円までしかNISAとして投資を行うことができません。大きな投資を行う場合には向きませんが、ビギナー向けの制度と言えます。

NISAを利用するには専用の口座を作る必要があります。NISA口座は20歳以上でなければ作ることができず、1人につき1口座までと決まっています。東京都民銀行では、NISA専用口座開設の申し込みさえすれば、東京都民銀行のほうで税務署に非課税口座の開設を申告してくれるので、とても楽に開設することができます。しかし解説するのはカンタンですが、制度をよく理解してから利用を始めないとお得になった部分をフルに活用することができないので注意が必要です。

copyright (C) 2016 もっと便利に身近な銀行 All Rights reserved.