もっと便利に身近な銀行

色んな視点から見る東京都民銀行

法人と地方銀行

大手とまではいかなくとも中堅の企業や中小企業、零細企業などにとって地方銀行は重要な取引相手です。都内であっても、中小企業の間で資金を循環させることによって日本経済を隅々まで潤す役割があるのです。東京都民銀行では主に資金の調達や運用、経営や業務支援、福利厚生などを行うことで企業をサポートしています。グローバル化によって中小企業であっても海外進出が増えたため、それらの事業の支援も行っています。

具体的には、東京都民銀行は「この町応援ローン」と称して東京都民銀行本店から半径3キロ以内に本社か事業所を置く小規模事業者に最大で3000万円以下の融資を行っています。本店の近くという制限を設けることで、ローンをきっかけに東京都民銀行の顧客になりやすい環境を作る効果もあります。

業務の効率化支援サービスでは「でんさい」サービスの人気が高いです。でんさいとは電子記録債権の略で、全国銀行協会が設立した株式会社全銀電子債権ネットワークが取り扱うサービスです。従来の手形や売掛債権に代わる存在であり、一部の金融機関を除いた全国の機関で利用されています。印紙税や郵送などにかかるコストを削減することができ、インターネットを利用することによって一括管理や事務処理の一本化が可能になります。https://www.densai.net/about

これら以外にも創業30年以上の老舗専用ローンや伝統工芸などスポンサーの付きにくい事業向けローン、法人向け短期融資など多くの事業支援サービスを行っています。特に銀行ならではの個性が表れるのが資金調達支援サービスであり、東京都民銀行も特色ある制限や付加価値を用いたローンを提供しています。

copyright (C) 2016 もっと便利に身近な銀行 All Rights reserved.