もっと便利に身近な銀行

色んな視点から見る東京都民銀行

地方銀行に就職するメリット

金融機関連の就職先としては、メガバンクが最高峰で次点が大手地方銀行となります。特に大手の銀行は学生に人気が高いです。東京都民銀行は合併前の現時点では必ずしも大手地方銀行とは言えませんが、将来的に経営規模が拡大される見込みなので、今のうちに就職しておくも手という考えもあります。

この金融機関戦国時代においては銀行の業務内容は難しく仕事も多い傾向にあるため、あまり大手すぎると仕事がキツイという経験談も多いです。とはいえ地方銀行でも中堅以下になると規模が小さくなってしまうため、給与水準が大手に比べて下がってしまい、中堅から大手の銀行を選ぶのは至難です。

しかし金融の仕事に興味があるのであれば、努力次第で高給取りになれて且つ安定性が高いのが金融業界の強みです。大学在学時に資格を取るだけで将来管理職出世コースに乗れる可能性が高くなり、その場合は給与が1.5倍近く高くなるという計算もあります。管理職になるのに有利な資格は、簿記検定やファイナンシャルプランナーなどで、最近では海外支店勤務という選択肢もあるため語学研修に備えるのも効果があります。http://www.kentei.ne.jp/

銀行は仮に経営破たんしたとしても、新たに経営を引き継がれて別の銀行になったりするため、あまり自主的な辞職以外では失業の心配が少ないのも大きなメリットです。非正規雇用やリストラなど不安定な就労環境が多いなか、高い確率で母体が破たんしない銀行は学生にとって安定していて魅力的な業界と言えるでしょう。

copyright (C) 2016 もっと便利に身近な銀行 All Rights reserved.