もっと便利に身近な銀行

もっと便利に山形銀行

山形銀行の純金積立

いらなくなったジュエリーなどの貴金属を売るのはよくあることですが、逆に金融機関で金地金を購入するという方法もあります。いわゆる金の延べ棒を購入する金投資です。というのも金は安全資産と呼ばれ債券や紙幣と違って無価値になることがありません。金銭と違って景気に左右されないので価値の上下の見極めが難しい投資商品ですが、最近は金の価値が上昇傾向にあるとのことなので、売買向きのタイミングといえます。

山形銀行では金を積立購入する純金積立を利用できます。投資信託などの金融商品と同じく、一括で購入するよりもリスクを低くすることができます。金の購入というと高額なイメージがありますが、山形銀行では月3000円という低額から購入できるため、資本金が少なくても無理なく利用できます。ただし金なので金利がつかず、年間手数料や購入委託手数料などの各種手数料がかかってしまいます。純粋な金の代金以外にこうした手数料も計算に入れて資金を用意しましょう。

金投資を利用する際は定期預金や投資信託とは違う注意点があります。たとえば購入した金の保管方法です。保管方法は2種類あり、特定保管と消費寄託があります。特定保管は企業が自社資産と分けて金を保管することで、万が一企業が経営破たんしても金は保護されます。逆に消費寄託は企業が預かった金をリース市場で運用することで、利益が出れば利用者に還元されますが目減りのリスクもあります。

山形銀行では三菱マテリアル株式会社に金の購入と保管を委託しており、三菱マテリアルは消費寄託で金を保管しています。http://www.mitsubishicarbide.com/

ただし三菱グループの企業なので、経営破たんのリスクが低く安心して利用できます。もっとも利益を出せるかどうかは利用者の売買のタイミングにかかっているので、純金積立購入をストップしたら買取価格をチェックしてから慎重に売りましょう。https://www.mitsubishi.com/j/group/about.html

copyright (C) 2016 もっと便利に身近な銀行 All Rights reserved.