もっと便利に身近な銀行

もっと便利に山形銀行

山形銀行で口座開設

銀行口座開設は手続きが面倒で時間がかかるのがネックです。アルバイトを始めた時などに口座開設する人が多いですが、本人確認資料を用意するのが大変なのです。山形銀行の口座開設にはだいたい2種類の本人確認資料が必要で、1種類目は運転免許証や保険証などのコピー、2種類目は公共料金の領収書の原本です。運転免許証などはともかく、公共料金の領収書はすぐ捨ててしまう習慣があると用意に手間取ることがあります。

口座開設に必要な書類が同じでも、手続きの方法は金融機関によって違う場合があります。ネット銀行だとインターネットバンキングが多いですが、地銀などの普通銀行だとインターネットバンキングよりもメールオーダー(郵送)や支店の窓口での口座開設が多いです。住宅ローンや保険の利用も窓口でおこなうことが一般的です。山形銀行では普通預金の口座開設をメールオーダーでおこなうことができるため、窓口での申し込みよりは便利です。

山形銀行のメールオーダーサービスでは、普通預金以外にもマイカーローンやカードローン申し込みもできます。どの商品もまず申込書を請求し、記入した上で本人確認資料と一緒に山形銀行に送付します。インターネットバンキングでの申し込みに比べると時間がかかりますが、家にいながら申し込みできるという点は窓口での申し込みより優れています。

山形銀行のコンサルティングプラザは休日も営業しているため、商品説明を聞きながら普通預金の口座開設をしたい場合は、最寄のコンサルティングプラザもオススメです。ただし実際に口座開設されるまでは数日かかり、キャッシュカードの郵送にもいくらか日数がかかるので注意しましょう。山形銀行のネットバンクというインターネットバンキングサービスを使っても、普通預金や定期預金の口座振替や預入ができるだけで、口座開設まではできないため、どっちにしろ手間がかかります。

copyright (C) 2016 もっと便利に身近な銀行 All Rights reserved.